放射線室|専門の読影医と主治医による画像診断

mailMENU

看護部のご紹介

放射線室

お知らせ

    お知らせはありません。

特徴

 放射線室では、画像管理システムとしてPACSを導入し、X線フィルムを使用せず「他科で撮影された画像」、「過去に撮影された画像」 などを総合的に閲覧することが出来ます。(内視鏡画像、超音波画像も同時に閲覧可能) また、画像診断は、専門の読影医と主治医が行い、より的確  な診断が可能です。
器機紹介
 

一般撮影装置です。
管電圧150kvの高圧撮影が可能です。
CRに代わって最新の「フラットパネル」が導入されました。
より高画質、低被爆線量になります。



手術室透視影装置です。
通称「Cアーム」と言われ、多方向からの透視が可能となってます。
この装置で手術中に患部を観察します。


                         

透視影装置です。
この装置で胃バリウム検査や大腸検査を行います。




スタッフ紹介
  • 放射線技師(6名)