医療法人正和病院

手術室

当院では、手術を受けられる患者さまやご家族さまの不安を軽減し、安全で安心な手術を受けて頂けるように努めています。
手術室は、2階西側にあり、年間の手術件数は約50件です。
当院では、体に負担の少ない内視鏡手術(腹腔鏡手術)も行っています。

内視鏡手術(腹腔鏡手術)

内視鏡手術(腹腔鏡手術)とは、お腹の中(腹腔)を観察する内視鏡(腹腔鏡)を使って行う手術のことです。
お腹の中にはスペースがあまり無いため、二酸化炭素ガスなどでお腹を膨らませてスペースを作り、腹部に3〜10mm程度の穴を3〜4ヶ所ほど開け、そこからカメラや腹腔鏡手術用の道具を入れ、テレビモニターを見ながら行います。

内視鏡手術(腹腔鏡手術)は、傷が小さく、痛みも軽いため、体にかかる負担の少ない手術と言えます。

内視鏡手術(腹腔鏡手術)のメリット

  • 傷が小さいため、目立ちにくい。
  • 傷が小さいため、美容に優れ、また術後の痛みが軽い。
  • 胃や腸などに直接触れないため、胃腸の動きの回復が早く、腸が癒着しにくくなるため、腸閉塞が起こりにくい。
  • 体への負担が少なく、短期間の入院での手術が可能になる。
  • 丁寧な操作によって、出血量も少なくなる。

内視鏡手術(腹腔鏡手術)のデメリット

  • テレビモニターを見ながら行う手術のため、高度な技術を必要とし、開腹手術よりも手術時間が長くなりやすい。
  • 肉眼で見るより視野が小さいため、技術的に難しく、大出血が起こった場合に止血に時間がかかることがある。
  • 二酸化炭素ガスが血管内に入って、肺の血管に詰まるガス閉塞が起こることがある。
  • 血管の損傷や他の臓器の損傷などにより、開腹手術に転換する必要が生じることがある。

※手術方法の選択は、メリット・デメリットをよく比較検討し、主治医と相談の上、納得できる方法を選ばれることをお薦めします。

※内視鏡手術をご希望の患者様でも、病気の内容や容体等によっては、内視鏡手術が出来ない場合もございます。